東レ公式note

東レ株式会社の公式アカウントです。私たちは繊維からはじまりさまざまな素材を開発する化学…

東レ公式note

東レ株式会社の公式アカウントです。私たちは繊維からはじまりさまざまな素材を開発する化学メーカーです。「素材には社会を変える力がある」と信じ、挑戦し続けています。このnoteでは、みなさんにとって東レを身近に感じていただけるような情報を発信していきます。

記事一覧

愛媛工場を花でいっぱいに。「工場排水から生まれた美花活動」で笑顔溢れる職場へ

東レで働く一人ひとりに、仕事との向き合い方、大切にしている価値観などを伺いながら、“仕事観”について探っていく「わたしの仕事観」。 今回は、愛媛工場の繊維製造部…

21

ハイエンド釣竿に東レあり!釣りファンを魅了する軽くて強い釣竿の秘密

オフィス、家庭、街……実は、さまざまなところで使われている東レの“素材”をもっと知ってほしい。そんな想いから、さまざまな領域で東レのものづくりを支える「人」にフ…

44

琵琶湖湖畔から世界へ!東レ誕生の地、東レ滋賀事業場

国内に13の生産拠点を有する東レ。広い敷地を擁する事業場・工場は、地域社会の理解と協力を得て企業活動をおこない、地域社会とともに発展してきました。そんな各事業場・…

東レ公式note
4週間前
63

先輩からの後押しで実現。動物薬の収量改善に挑んだ「30年越しの一歩」

東レで働く一人ひとりに、仕事との向き合い方、大切にしている価値観などを伺いながら、“仕事観”について探っていく本企画。 第1回目となる今回は、動物薬室・篠田知果を…

東レ公式note
1か月前
100

“集まり”だから面白い。地域社会と繊維産業を盛り上げる「東レ合繊クラスター」

こんにちは。東レ公式note編集部です。 長引いた寒さもやっと和らぎ、ようやく春本番ですね。思えば、2024年の幕開けは能登半島地震が起き、日本中が驚きや不安に包まれ、…

東レ公式note
1か月前
85

冬をより快適にするために進化し続ける。『ヒートテック』を支える人々の想いと試行錯誤の道のり

オフィス、家庭、街……実は、さまざまなところで使われている東レの“素材”をもっと知ってほしい。そんな想いから「こんなところに東レです」という企画で長年社内報で連…

東レ公式note
2か月前
173

明日の東レをつくる社員のはじめの一歩!東レ社員フォーラム2023を初開催!

こんにちは!東レ公式note編集部です。今回は、2023年12月に開催した社員全員で東レの未来を考える「東レ社員フォーラム2023」についてご紹介したいと思います。 「東レら…

東レ公式note
3か月前
96

はじめまして。東レの公式noteです。

はじめまして。東レの公式noteです。 私たちは、繊維を祖業とする化学メーカーです。2026年には100周年を迎えます。1926年に滋賀でレーヨンの製造から事業をスタートし、…

東レ公式note
3か月前
103
愛媛工場を花でいっぱいに。「工場排水から生まれた美花活動」で笑顔溢れる職場へ

愛媛工場を花でいっぱいに。「工場排水から生まれた美花活動」で笑顔溢れる職場へ

東レで働く一人ひとりに、仕事との向き合い方、大切にしている価値観などを伺いながら、“仕事観”について探っていく「わたしの仕事観」。

今回は、愛媛工場の繊維製造部での業務の1つとして愛媛工場全体の排水処理を担当する二宮一歩に話を伺います。工場運営にとって非常に重要な排水処理の仕事は、わずかな異常も見逃さないよう常に神経を使う過酷な現場でもあります。

少しでもスムーズに処理できるように、少しでも社

もっとみる
ハイエンド釣竿に東レあり!釣りファンを魅了する軽くて強い釣竿の秘密

ハイエンド釣竿に東レあり!釣りファンを魅了する軽くて強い釣竿の秘密

オフィス、家庭、街……実は、さまざまなところで使われている東レの“素材”をもっと知ってほしい。そんな想いから、さまざまな領域で東レのものづくりを支える「人」にフォーカスしながら、東レ“素材”の魅力を発信していく連載「こんなところに東レです+」。

今回、焦点を当てるのは、炭素繊維が使用された高級釣竿です。世間一般にはよくカーボンといわれるこの炭素繊維という素材、ご存知でしょうか?炭素繊維とは、合成

もっとみる
琵琶湖湖畔から世界へ!東レ誕生の地、東レ滋賀事業場

琵琶湖湖畔から世界へ!東レ誕生の地、東レ滋賀事業場

国内に13の生産拠点を有する東レ。広い敷地を擁する事業場・工場は、地域社会の理解と協力を得て企業活動をおこない、地域社会とともに発展してきました。そんな各事業場・工場の魅力や働く人々、地域について紹介する連載企画「今日も工場は」。

第1回目は、東レ誕生の地である「東レ滋賀事業場」。日本最大の湖、琵琶湖をのぞむ滋賀県大津市石山に位置し、その規模は東レグループ最大級。複合事業場として重要な役割を担う

もっとみる
先輩からの後押しで実現。動物薬の収量改善に挑んだ「30年越しの一歩」

先輩からの後押しで実現。動物薬の収量改善に挑んだ「30年越しの一歩」

東レで働く一人ひとりに、仕事との向き合い方、大切にしている価値観などを伺いながら、“仕事観”について探っていく本企画。
第1回目となる今回は、動物薬室・篠田知果を訪ねて東レ愛媛工場へ。入社2年目にして挑戦したのは、ノーベル賞受賞技術に着目した「30年越しの一歩」。既存の猫・犬のウイルス感染症に処方される動物用医薬品「インターキャット🄬」の有効成分インターフェロン(IFN)の生産において長年抱えて

もっとみる
“集まり”だから面白い。地域社会と繊維産業を盛り上げる「東レ合繊クラスター」

“集まり”だから面白い。地域社会と繊維産業を盛り上げる「東レ合繊クラスター」

こんにちは。東レ公式note編集部です。
長引いた寒さもやっと和らぎ、ようやく春本番ですね。思えば、2024年の幕開けは能登半島地震が起き、日本中が驚きや不安に包まれ、落ち着かない中でのスタートとなりました。発災から約3カ月が経ち、最近では断水の解消や有名な温泉地の再開など、復旧・復興のニュースが毎日更新されていますが、支援活動や復旧作業は続いています。

今回は、応援の気持ちも込めて、東レ公式

もっとみる
冬をより快適にするために進化し続ける。『ヒートテック』を支える人々の想いと試行錯誤の道のり

冬をより快適にするために進化し続ける。『ヒートテック』を支える人々の想いと試行錯誤の道のり

オフィス、家庭、街……実は、さまざまなところで使われている東レの“素材”をもっと知ってほしい。そんな想いから「こんなところに東レです」という企画で長年社内報で連載をしてきました。まだ東レをあまり知らない社外の人にももっと知ってもらいたいと考え、東レnoteでは「+(プラス)」をつけて「こんなところに東レです+」として連載をしていくことになりました。

これから企画、開発、製品づくりなどさまざまな領

もっとみる
明日の東レをつくる社員のはじめの一歩!東レ社員フォーラム2023を初開催!

明日の東レをつくる社員のはじめの一歩!東レ社員フォーラム2023を初開催!

こんにちは!東レ公式note編集部です。今回は、2023年12月に開催した社員全員で東レの未来を考える「東レ社員フォーラム2023」についてご紹介したいと思います。

「東レらしい”挑戦“を考え、未来への一歩を踏み出す日」と題した今回のイベント。全国の事業場や工場16拠点をオンラインで繋ぎ、総勢3,000名以上が参加する大規模なイベントとなりました。今回はじめての開催となりましたが、ユニクロ柳井会

もっとみる
はじめまして。東レの公式noteです。

はじめまして。東レの公式noteです。

はじめまして。東レの公式noteです。

私たちは、繊維を祖業とする化学メーカーです。2026年には100周年を迎えます。1926年に滋賀でレーヨンの製造から事業をスタートし、今では国内外に300社以上のグループ会社も持ち、全世界で48,000人の社員が働いています。



「素材には社会を変える力がある」

東レの社員は、この思いを持って働いており、“素材”に誇りを持っています。決して派

もっとみる